HOME遠赤外線ドーム › 遠赤外線とは

遠赤外線とは

赤外線で波長の短いものを近赤外線、長いものを遠赤外線と区別します。
遠赤外線の特長としては、電子極性を有する分子に対して、振動エネルギーを与えて運動を加速させます。
加速した分子は他の分子と衝突し、その結果が熱となります。
熱が物質の表面を暖めるのに対して、遠赤外線は深部の細胞に作用して自己発熱を起こすという違いがあります。